旦那の浮気相手とLINE友達になってみたネタバレ「サレ妻の壮大な復讐計画」

旦那の浮気相手とLINE友達になってみた

旦那の浮気相手とLINE友達になってみたあらすじ
「決定的証拠をつかんでやる!」旦那の浮気相手女と知り合い、LINE友達になったヒロインの壮大な復讐とは!?パティシェのハッチはある日旦那の浮気に気づき、浮気相手に接近。身分を明かさず浮気相手の恋愛相談にのると、旦那が偽装離婚を持ちかける計画を立てていることを知る。悲しみに浸るよりも悔しさをバネに、ハッチは意を決して探偵顔負けの行動に出ることに…。 ドラマのようなドロドロ展開にハマるサレ妻・独女が急増したインスタグラムの話題作がコミカライズ化!

\ 今すぐ無料で試し読みはこちら /

まんが王国で試し読みする

※トップページで「だんなのう」と入力するとすぐに読めます。

『旦那の浮気相手とLINE友達になってみた』は、原作:ハッチ先生、作画・イラスト:ユニバーサル・パブリシング先生のサレ妻の復讐漫画です。ここでは『旦那の浮気相手とLINE友達になってみた』のネタバレや感想、口コミなどを書いていきます。

旦那の浮気相手とLINE友達になってみたネタバレ「サレ妻の壮大な復讐計画」

登場人物は、主人公のハッチ当時26歳。

当時30歳の夫のテツ、それに浮気相手のパー子24歳です。

ハッチはパティシエで、パー子は事務系OL。

物語はテツがパー子と浮気をして、それを知ったサレ妻ハッチが、パー子とLINE友達になり、壮大な復讐劇を繰り広げるというお話です。

冒頭はハッチとテツの出会いのシーンから。

ハッチとテツはハッチが働いているケーキ屋さんで知り合いました。

テツはケーキ屋さんの常連客でした。

ある日お会計のときに、ハッチはテツに小さな紙を渡されます。

そこには連絡先と食事へのお誘いの言葉が書かれていました。

ハッチがお店の同僚に相談すると、テツがいつもハッチの事を見ていたと教えてくれました。

また、店長も「甘いものが好きな人に悪い人はいない」なんてことを言うので、ハッチはテツに連絡をとってみることに。

そしてデートをすることになったハッチとテツ。

初めてのデートは完璧でした。

しかもベンチャー企業の社長なのに、威張ったりせずに謙遜するテツの性格を好ましく感じました。

そして、テツの説得でハッチは交際をスタートすることに・・・そして交際から2年で、結婚することになったのです。

振り返ってみれば、後に策略だったと解るテツの行動。

でもそれは、この時のハッチには知るよしもありませんでした。

そして結婚後、一緒の生活を始めると、どんどんテツへの違和感を感じるようになり・・・

>>まんが王国読む

※「だんなのう」と検索するとすぐに無料で試し読みできます。

旦那の浮気相手とLINE友達になってみたを読んだ感想「浮気男あるあるエピソードに憎しみが湧く」

でた~クソダン(糞旦那)!

結婚早々浮気発覚とは最悪ですね。

しかもこの場合、主人公のハッチには何一つ落ち度がないように思います。

ハッチに原因のある浮気ではなく、たんにクソダンが女が好きってだけのしょーもない浮気。

こんなん読んでると本当に男というイキモノが嫌いになる。

浮気する男って女にだらしないか、精神的に弱いかのどっちかだと思います。

この場合のテツは絶対女にだらしない方。

でも女にだらしない癖に浮気とか女を口説くダメにはマメさを発揮するのがこういう男の特徴です。

ベンチャー企業のお社長で謙虚な性格というのもハッチを手に入れるために演じた役柄なのでしょう。

そして、浮気相手のパー子にも、都合の良い役柄を演じているテツ。

そんなテツに違和感を感じたハッチは、テツの浮気を知り、浮気相手とLINE友達になってしまいます。

そして、テツがパー子と一緒に◯◯◯◯を企てていることを知りますが・・・

この後の衝撃エピソードの数々、とっても楽しませてもらいました。

また、見どころはテツの浮気男あるあるエピソード。

帰りが遅い、シャワーに直行、領収書を隠すなどなど・・・

浮気しながら脇が甘くて雑。ほんとに浮気男ってのはクズ。

人の旦那だけど憎しみが湧いてきて止まりませんでした。

この作品のいいところは、そんなテツのクソな行いを知ってメソメソしたり、見て見ぬ振りをするのではなく、きちんと復讐を仕掛けるところ。

ふふふ・・・サレ妻はそうでなくちゃね。

ドロドロな展開も、結末も、とっても読み応えあって面白い作品でした。

>>まんが王国で読む

※「だんなのう」と検索するとすぐに無料で試し読みできます。

\ 今すぐ無料で試し読み /

まんが王国で試し読みする

※トップページで「だんなのう」と入力するとすぐに読めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました